Guide

ダンボールとの比較

通い箱や紙製ダンボール箱の代替え品として最適なプラダンケース

  1枚あたりの
単価
強度・耐久性 使用回数 生産ロット 取り扱い トータル
コスト
ダンボール箱 ◎安い ○緩衝性高い ×1回きり
使い捨て
◎1枚から
オーダーメイド
◎紙製で
軽い
△高め
プラダンケース △高め ◎耐久性、
耐水性高い
◎繰り返し、
利用可能
◎1枚から
オーダーメイド
○空洞構造で軽い ◎安い

プラダンケースは、紙製ダンボール箱と比較して強度が高く耐久性・緩衝性が高いため、複数回繰り返して利用することが可能です。
拠点間を行き交いし製品などを輸送する「通い箱」などに最適な商品となります。
1枚あたりの単価(箱代)は、紙製ダンボールに比べて約5倍~10倍程度高くなりますが、丈夫で何度でも使えるため
トータル的なコストでは安くなります。(※価格はA式の場合)
リサイクル、リユースが可能なプラダンケースは、企業イメージアップにもつながります。

コスト比較

ダンボールA式
ダンボールA式

※ ダンボールケースは、当社規格品の価格です。(2016 年4 月現在)
※ プラダンケースは、オーダーメイドで東京までお届けした場合の価格です。(2016 年4 月現在)

ページ上部へ